ご挨拶

北海道大学大学院医学研究院
クリニカルシミュレーションセンター長

吉岡 充弘

皆様には平素よりご支援を賜りありがとうございます。

近年、シミュレーターや模擬患者などを用いて臨床を模擬体験するシミュレーション医療教育の重要性がとみに高まっています。シミュレーション医療教育は、医療倫理や医療安全の観点からも好ましいものであり、医療系専門職教育の国際的潮流となっています。

この度、医系多職種連携教育研究棟の改修工事が竣工したことに伴い、平成28年4月1日付でクリニカルシミュレーションセンターを開設しました。本センターは医系多職種連携教育研究棟の2階と3階に位置し、約700㎡のスペースを占めております。診断学実習、共用試験OSCEなどに使用できる診療研修室のほか、高度シミュレーション室が用意されています。今後、本学におけるシミュレーション医療教育の中核施設として、医・歯・薬学部の学生のほか、研修医、歯科医師、看護師、薬剤師など多くの医療系専門職の方々に利用していただくことを期待しています。

センターは専任の倉島庸准教授と事務職員1名体制で活動を開始しておりますが、今後、関係部局と密な連携を取りながら、人員と設備の充実を図ってまいる所存です。皆様におかれましては、本センターの活動にご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。